出張マッサージの魅力

電話に出たのは若そうな声の女性。

アロマオイルを塗ってもらって首周りから、足首までくまなくもみほぐしてくれました。

ちなみにこの店舗、スタッフの指名もできるみたい。

まず、出張マッサージの店舗のホームページからサービス内容を吟味。

お兄さんが外へ出て直ちにに、きれいな若い女性が入ってきた。

推定20代半ば。

ショップに行かなくてもこのレベルのマッサージを数千円でうけられるなんて、便利な世の中になったなぁ。

今時流行りのアロママッサージコースがあるのと、数千円で出張可能とのことなので、さっそく電話。

・・・ちょっと抵抗感。

少し緊張しているのか、顔がこわばっていたけど、マッサージは上手でした。

雑談をしながら部屋の中を見てもらって、チェックシートに参考にをいれながら(雑談しながらも参考にをしているからかお兄さんの目は笑っていなくてちょっと怖かった笑)、「特に問題ありませんので、これよりサービスを開始します。

キャバクラか笑でも正直、一回マッサージしてもらった心配無用感からか、次回頼むケースもこのお姉さんにしようと考えました。

初回なので、アロマの45分コース。

1時くらいしてから我が家にごつい黒服の男性スタッフが・・・と思ってたらありきたりのポロシャツ来た若いお兄さんが来ました。

別にやましい想いがあって頼むわけじゃないのになぁとちょっと心情が萎えてしまったが、やはり電話したのと、内見は初回のお客さんに限りとの事だったので、渋々了承。

」???もしかして、お兄さんがマッサージすんの?確か女子スタッフが応対って聞いてたけどなぁと思っていると、「では実際から施術スタッフを呼んできますので、少々お待ちください」と言われた。

出張を頼みたいというと、まず男性スタッフがご自宅を内見させてもらってから、サービスが供給可能な環境かを見せてもらってからといわれた。

私は東京西部のわりと栄えた街にある出張マッサージに興味を持ち、実際に呼んでみた。

ホームに戻る